音響ビジネスを考える

1)視点 考える音響ビジネス

「真」の音響ビジネスが日本にない。

音響ビジネスとは、

「脳が、正しく機能する空間を作ること!」

正しい音響空間でないと、雑音消去に脳の多大な部分が使われ、思考が鈍る。

欧米では、音響ビジネスは、歴史的に存在している。

 NHKの特集にあったように、現在、日本で注目されているのは、オフィスの情報漏洩の防止のための簡易防音だけ。
費用の割りに、効果が少ないのが、問題点。

2)音響ビジネスとは、

遮音や防音だけではない!

部屋の音響空間や反射音による音響的広さを広げ、部屋の反響音を最適化し、
脳が最高の能力を発揮する空間を作ること。

例えば、

部屋の反射音が大きいと、子供の英語の獲得ができない。 理由は?

音は、感情と記憶の脳の最も根源的な部分に直接影響を与える。音は、感情と感覚の直結しており、騒音の中では、脳内のノイズフィルタが最大で働くので、狭い部屋では、聴覚が育たないので、語学教育の効果が上がらない。

顧客が、売り場に滞留する時間が極端に短くなる。 理由は?

反射音が大きい。すると遅延時間が短い空間には、人間は集まらない。

高級ブランド店・化粧品店・図書館 → 心地よい空間で、長く滞在したくなる。(音環境を考える必要がある)
激安販売店・騒音の多い場所 → 脳が疲れて、長く滞在できない。

生活騒音に怯えていると、子供の感性が伸びない。従って知能が低くなる。
音響ビジネスは、人間の能力を最大限に拡張する仕事である。

3)音響ビジネスは、何をするのか

脳が機能する音響空間を作る。

つまり、音が良く聞え、爽やかな感じがする空間を造る。もちろん、騒音も遮断する。

結果、

語学だけでなく、学習効果が上がる。語学では、倍以上単語を覚えられる。

売り場に、顧客が長時間滞留し、売り上げが上がる。数10%違う。

仕事場での高率が、劇的に上がる。新概念を思いつく率が数10%違う。

公共環境で、音を静かにする広告ができる。うるさいところでは、集中して広告を見ない。

子供たちが、夜でも、楽器の練習ができる。

感性は、知能を上げる。

副作用(副次的効果)

生活騒音に悩まされない。

オフィスの情報漏洩の心配がない。

ルームクリエータの詳細

究極の音響空間を実現する 常識を超えた 夢の素材!