園長さま・英語教育・音楽教育に取組む方に朗報です!

なぜ、英語を聴き取れないのか?(園児の聴覚と壁の反射音の関係)
青年期の聴覚には、園児の音響環境が影響します。

聴覚には、次の4種類があります。

1.低い音から高い音までの、微小な音を聴く能力。
2.音の方向を聴きわける能力
3.英語などの子音母音の種類、音色を聴き分ける能力
4.音程を聴き分ける能力

聴覚というと、聴力、つまり、1の能力しか取り上げられません。 これは、聴覚のうち、最も基本的な、センサーとしての
耳の能力です。センサーとしての能力と、声や音色を聴き分ける能力は、全く異なります。
上記の2から4の3つの聴覚は、学習で獲得される、後天的能力なのです。

後天的な能力は、普段の環境で育成されます。
なぜ、日本人は、英語のヒアリングが下手なのでしょうか?
なぜ、英語のヒアリングに差がつくのでしょうか?

幼稚園の教室の壁も、自宅の壁も、音を85%も反射します。

ピアノや楽器演奏を聴いている時、明瞭に聞こえている様でもその音はキンキン音で、
特に教室内では、音がボケてしまい、幼児には明瞭に聴こえていません。

ピアノや楽器の場所も、音色も、先生の言っていることも明瞭ではないのです。
これでは、上記の2から4までの能力は、育成されません。

はっきり聴こえないから、園児は、大声を出すのです。先生の声がはっきり聴こえないので、先生を見ないのです。

図1
(図1)反射音が直接音に重なると、波形が壊れます。

図1は、実際の壁の反射音を、直接音に重ねた時の波形です。
@が最初の反射音が重なったズレで、Aが次の反射音が重なったズレです。

声を聴く場所が違えば、反射音が違う位置で重なりますから、音が違ってしまいます。

図1のように波形が崩れてしまい、崩れ方も一定ではない環境で、正しい発音も、正しい音色も覚えられません。

どうすれば良いのか?

海外のように、高い天井で、広い部屋で、壁が遠くなれば、反射音と直接音の時間差が大きくなり、反射音も弱まりますから、声や音色が聴きやすくなります。しかし、日本では、そうするわけにはいきません。

もし、壁が音を遅らせて反射し、適切な反射音にしてくれたらどうでしょうか?
そのような壁があれば、子供たちが壁際にいても、正しい声と正しい音が聴こえてきます。

普通の壁を、このような理想的な壁に変えてしまう方法が、欧州で脳の先端医療を研究している医学者によって、2007年に発明されました。
その特許のライセンスを得て、医学的に最も良い音響環境を作り出す製品として、製造を開始いたしました。
この理想の壁を作り出す素材を『ルームクリエータ』と名づけました。
『ルームクリエータ』は、わずかに21mmの厚さで、壁に貼り付けるだけです。

『ルームクリエータ』には、次の特徴があります。

1.遮音。子供たちが騒いでも、楽器を演奏しても、音が外に漏れません。
2.音響空間拡張
3.広い部屋と全く同じ、正しい反射音を作り出します。
4.制振床に敷けば、階下に振動が伝わりません。
5.断熱。厚さ15mmの断熱材に相当し、冷暖房費用を大きく節約します。

『ルームクリエータ』で、子供たちの聴覚を育ててください。

ルームクリエータの詳細

究極の音響空間を実現する 常識を超えた 夢の素材!