工場の防音・労働環境 騒音対策・作業環境改善に!
       『ルームクリエータ』 が、注目され大活躍しています。

騒音対策・工場防音

 ■ルームクリエータの新しい取り組みとして、工場の防音・騒音対策に目が向けられています。
 今まで、音響材として利用してきた技術があらゆる場所においても使用して頂き、その効果に満足して頂いております。
 労働環境騒音の騒音対策や工場の防音にも今後さらに力を入れていきたいと考えております。

騒音対策・工場他、防音対策 が必要とされる場所

機械騒音・職場環境・規制騒音値の確保

◆工場の防音、騒音対策・規制条例 → 社員・作業員の為の職場環境の改善・規制騒音値の確保
◆機械の騒音、サーバー・ファン、騒音ノイズ対策 → 低周波騒音・低周波公害防止
◆駅、空港などの、防音・騒音対策 → 環境騒音公害の改善・近隣住居生活者への配慮

能力改善・ビジネス思考

◆幼稚園から大学まで、教室の防音と音響 → 学習能力の向上・聴覚育成の改善・集中力UP
◆会議室・オフィスの反響音・騒音対策 → オフィス環境の向上・人材能力改善・秘密保持
◆病院の診察室、歯科医院の騒音対策・窓口業務での遮音 → 心身のリラックス・プライバシーの保護・不安改善
◆店舗・ショップ・モール内の騒音対策・環境改善 → 近隣対策・店舗内の音環境対策・他店舗との差別化

自分でも出来る防音対策・騒音対策

◆ピアノ防音対策・ドラムの防音対策 → 音楽室・楽器練習室における、近隣やご家族への配慮、部屋の差別化
◆マンション騒音対策・アパート防音対策 → 近隣付き合い、共同生活者への配慮、環境対策
◆室内・お部屋の防音対策、動物の鳴き声の騒音対策 → 近隣生活者・ご家族への配慮・プライバシーの保護

何処までの騒音対策が、必要なのか?
過剰な防音は、いらないから簡単に安価に済ませたい!

音を完全に防音するのは難しく出来たとしても多額の費用がかかります。
騒音対策で悩んでいる方は、そこまで望んではいるわけでは無いと思います。
コストパフォーマンスを考え、目的と原因となる音源の特性・性質が分かれば、ポイントを絞っての、騒音対策が重要です。

目的を明確にする → 階下に音を漏らしたくない、お隣りへの遮音、室内の反響音を取除きたいなど
音源を確認にする → 楽器、ペットの鳴き声、外の車の音、機械の音など
防音性能を考える → 完全防音、耳触り出ない程度、近隣付き合いに支障のない程度など
予算を決める → 予算内で出来る事を見つける
防音方法・材料を考える → 音の特性に有効な物を選ぶ。

「いつでも時間を気にせず楽器演奏・音楽鑑賞をしたい!」   「工場や職場の環境対策・能力改善をはかりたい!」

 「人間の聴覚を生かしたビジネスモデルを考えたい!」   「子供やペットの騒ぎ声・鳴き声が気になる!」

よく「騒音に慣れた」と聞きますが、人間の体はそんなに簡単に納得してくれません。
「眠りの質」、「疲れの取れ具合」が全然違うのです。

身近な音の世界 「生活音」と「騒音」 【騒音対策の必要性】

人は生活していく中でさまざまな『音』を発しています。
それは話し声・TVやオーディオの音・足音・子供やペットの泣き声・洗濯機の音・水音…それら全ての音は
振動や空気によって伝わり、壁や天井などから同じ住居の人たちに伝わるのです。

人間にとって不快な音は『騒音』として扱われます。 しかし、人それぞれ感じ方に違いがあります。

私たちは日々の生活の中で、騒音が原因で周囲の人たちに不快感を与えてしまわないように気を配る必要があると思います。自分たちに出来る対策としては、日頃から同じ住居の人とのコミュニケーションを大切にし、トラブルになる前に対策していける状況を作る事です。騒音対策として、建築構造も重要なのではないかと思います。壁1枚隔てた向こう側では、他の人の生活があります。近年、住宅を設計する側もあらかじめ考慮し、音を伝わりにくくする構造を用いた住宅も増えてきた様です。つい見逃してしまいがちな『防音』にも注意してみると、いざ入居してから困ってしまったという事にならずに済みますよね。

音には、二つのタイプの伝搬があり、双方が混在します。
◆空気中を伝わって聞こえる「空気音」
◆床・壁などを伝わって聞こえる「個体音」

 「空気音」を防音するには、壁や床の重量を大きくしたり、気密性を高めたり多重構造にする対策があります。

 「固体音」を防音には、建物の構造強度を向上させたり、クッション性能の高い緩衝材を使用する対策があります。

しかし、普通の環境で考えると、二つの音のどちらかでなく、お互い交じり合った状況が想定されます。また、音の感じ方にも個人差がある為音の性質を見極め、騒音・防音対策を選択することが大切です。音の性質を理解することから防音は始まります。 部屋の用途や希望に合わせた対策を考える事が大事です。快適な住環境の為にも、ますます防音設備の充実が求められています。しかし、求める防音レベルやコストとのバランスが非常に難しい側面があります。

お任せ下さい!ソノーライズ鰍ェ防音・騒音対策をご提案します。お気軽にお問い合せ下さい。

騒音対策に大活躍の画期的な素材!

騒音対策や工場の防音を変える
遮音・吸音・防振の効果を兼ね備えた夢の素材!